どうにもならない時には債務整理

  • 司法書士に債務整理を依頼するメリットとデメリット

    • 債務整理は弁護士と司法書士の双方で手続きを依頼することができます。



      弁護士は法律の専門家として広く一般的に認知されている存在ですが、司法書士は登記関係以外で関わることが少ない職業ですので、世間的には弁護士ほど認知度の高い存在とはいえません。


      しかし司法書士も法律に精通した存在です。



      債務整理など借金問題の専門家も数多くいますので、弁護士は敷居が高いと思っている人は、司法書士のほうが利用しやすいかもしれません。

      司法書士に債務整理を依頼した場合のメリットは、コストの面で弁護士よりも安くなる可能性があるということです。また弁護士に依頼した場合と同様に、受任通知が債権者に届いた時点で借金の督促も止まりますので、安心して債務整理に取り組むことができます。



      ただしデメリットも存在します。



      司法書士の場合は簡易裁判所で扱える訴訟しか代理権が付与されていません。

      したがって140万円を超える金額に関する争いになると、本人訴訟になってしまう可能性があるのです。



      また相手方の金融機関もこのことを熟知していますから、任意整理の交渉の際に裁判にもつれることをちらつかせて、少しでも交渉を有利に進めようとする可能性も否定できません。


      このように司法書士は万能の存在ではありません。
      しかし弁護士であれば必ず上手く手続きが進むかといえば決してそうではなく、債務整理に関する深い知識と豊富な経験が揃っていること必要不可欠な要素になります。ですから場合によっては、弁護士よりも借金問題に精通した司法書士のほうが、良い結果をもたらしてくれる可能性があります。



  • 関連リンク

    • 特定調停は債務整理の手続きの一種です。債権者の住所を管轄する簡易裁判所に申し立てを行います。...

    • 債務整理は弁護士と司法書士の双方で手続きを依頼することができます。弁護士は法律の専門家として広く一般的に認知されている存在ですが、司法書士は登記関係以外で関わることが少ない職業ですので、世間的には弁護士ほど認知度の高い存在とはいえません。...