どうにもならない時には債務整理

  • 債務整理の相談をスムーズにおこなうためには

    • 債務整理は弁護士や司法書士に依頼しておこなうのが一般的です。
      債務整理を考えている人の多くは、実際に手続きを依頼する前に弁護士などに相談することになりますが、その際には当然ながら費用が発生します。



      もちろん無料の法律相談をおこなっている事務所もたくさんありますが、時間に限りがありますので、効率良くアドバイスを受けたいのであれば、事前によく準備しておいてから相談に臨むことが大切です。


      弁護士などに相談する際には、借金や本人の金銭的な状況を把握することのできる書類を用意しておくと便利です。弁護士側としても、状況がよくわからなければ適切なアドバイスをすることができません。


      相談時間内に具体的な解決方法まで導き出したいのであれば、必要な書類はしっかりと用意しておきましょう。



      債務整理の相談で必要な書類は本人の身分証明書、借金をしている金融機関などの一覧表、借金の契約書や明細、請求書などです。



      債権者である金融機関の一覧表には、金融機関の連絡先や現在の借金の総額、取引開始年月日などがわかるようにしておくと非常に役に立ちます。



      また収入の状況が分かる給与明細や源泉徴収票なども用意できるのであれば、準備しておいたほうがいいでしょう。

      このような書類が必要になる理由は、債務整理には4種類の手続きがあり、借金の状況を考えたうえでその中から適切なものを選択しなければいけないからです。

      そのためには借金の総額や収入状況など総合的な情報が必要になります。

      できるだけスムーズに債務整理を進めたいのであれば、自分で準備できることは率先しておこなっておきましょう。



      相談前にあらかじめ電話などで、必要な書類について聞いておくのも有効です。



  • 関連リンク