どうにもならない時には債務整理

  • 特定調停で債務整理を行う

    • 特定調停は債務整理の手続きの一種です。

      債権者の住所を管轄する簡易裁判所に申し立てを行います。特定調停を行えば、裁判所が債権者との間に入ってくれて返済計画を引き直してくれます。



      任意整理と同じようなものだと考えれば良いのですが、最も大きな違いは裁判所に直接申し立てを行うために、弁護士や司法書士などに依頼する必要がないことです。

      また、自己破産や個人再生とは違って、法律の知識がなくても簡単に申し立てをすることができるというメリットがあります。



      弁護士や司法書士に依頼して債務整理をしたいと思っていても、金銭的に余裕がないと報酬を支払えませんし、任意整理や自己破産の手続きを自分で行うのには法律的な知識が不足しているのが普通です。



      このような場合に特定調停は非常に便利な制度だと言えるでしょう。
      特定調停の手続きを行っている場合には、調停成立の見込みがあれば差し押さえを回避することができます。

      特定調停を申し立てると、裁判所は金融業者から取引履歴を乳修して利息制限法で引き直します。



      この手続きが行われることによって債権が減額されるケースは多くあります。



      たとえば2割くらい減額されることは多いですし、長く借りている人なら借金がほぼなくなることもあります。ここまでは裁判所が行ってくれますが、過払い金の返還請求は行ってくれませんから、過払い金を回収できる見込みがあるのなら弁護士や司法書士に依頼して、他の債務整理の方法を選択した方が良いです。



  • 関連リンク

    • 債務整理の対象となるのはすべての債務ですから、たとえば自己破産をしたときには、家賃の滞納や携帯料金の滞納があれば、それも対象とすることができます。借金だけではなくて、支払わなければならないものはほとんど対象となると考えておいた方が良いです。...

    • 特定調停は債務整理の手続きの一種です。債権者の住所を管轄する簡易裁判所に申し立てを行います。...